国内各地の服装ナビ

旅行先・お住まい地域の気温に応じた服装をアドバイス

宮城(仙台、白石)の服装ナビ

宮城県内での気温に応じたおすすめの服装を紹介しています!

  1. 日ごと(一週間先まで)の服装ナビ
  2. 月ごとの服装の目安

日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

天気予報から、気温に応じた服装のアドバイス、おすすめの服・アイテムを紹介!

参照地域 : 仙台白石
松島は、仙台の服装のアドバイスを参考にしてください。)

都道府県:

以下より、宮城県内で服装をチェックしたい場所を選んでください。

【仙台】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

半袖のシャツを着るとよいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 晴後曇画像1
気温(最高/最低): 26℃/13℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々雨画像2
気温(最高/最低): 22℃/17℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

半袖のシャツを着るとよいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像3
気温(最高/最低): 25℃/16℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像4
気温(最高/最低): 24℃/15℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

半袖のシャツを着るとよいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像5
気温(最高/最低): 27℃/16℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

半袖のシャツを着るとよいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像6
気温(最高/最低): 25℃/17℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像7
気温(最高/最低): 23℃/15℃

19(日) おすすめの服装

20(月) おすすめの服装

21(火) おすすめの服装

22(水) おすすめの服装

23(木) おすすめの服装

24(金) おすすめの服装

25(土) おすすめの服装

【メンズ】

画像リンクより Amazonで購入可能です。

気温が25℃以上の日には半袖シャツがおすすめ。

ゆったりサイズの綿麻素材シャツ。軽く羽織って涼しげな印象に。

旅行のときは明るい柄ものシャツでリゾート気分。

ニットジャケットは通気性・ストレッチ性に優れ着心地が良い。インナーをシャツと合わせても良いし、Tシャツなどの上に軽く羽織って気取らないスタイルも◎

パーカーは気温に合わせて軽く羽織ったり重ね着したり、温度調節しやすいアイテム。この季節は少しずつ肌寒さが増し、裏起毛のものを選ぶと暖かい。

品よく優しい雰囲気の漂うニットセーター。ニットとシャツのレイヤードで清潔感のあるコーデを楽しむことも可能。

無地のスウェットは色々なコーデに使える万能アイテムでインナーとしても使える。逆に、中にシャツを重ね着すると大人っぽいコーデに仕上がりオススメ。

気温が20℃以下に下がってくると準備しておきたいのがカーディガン。Tシャツや襟付きシャツの上に軽く羽織ることが出来るので便利。

暖かさを感じる日には、サラッと着て外出するのに長袖Tシャツが便利。

半袖では朝夕が肌寒い季節には長袖シャツ。暑い時は前のボタンを外したり、袖をまくって調節。

長袖シャツでは少し暑いなあ?というときには七分袖シャツを着ると良い。

月ごとの服装の目安

ここでは、過去の気温のデータを元に月ごとの服装の目安をアドバイスしています。 宮城県内の以下の地域を参照できます。

参照地域 : 仙台

都道府県:

宮城の服装の目安

服装の目安
1月
2月
3月
 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。
4月 ジャケットやセーターが必要です。
 コートが必要な日もあります。
5月 セーターやカーディガンなどで重ね着した方がいいです。
 長袖のシャツで十分な日もあります。
6月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
7月
8月
 半袖や長袖のシャツが必要です。
9月 半袖や長袖のシャツが必要です。
 薄手のカーディガンが必要な日もあります。
10月 セーターやカーディガンなどで重ね着した方がいいです。
 長袖のシャツで十分な日もあります。
11月 厚手のジャケットやコートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。
12月 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。

宮城の気候と旅行時の注意点

年間を通しての気候

宮城県の気候は、大きく東の太平洋側と西の奥羽山脈側に分けることが出来ます。 仙台などの太平洋側の夏は、緯度の高さや海からの風の影響で関東に比べたら涼しくなります。 とはいえ北部の地域を除けば、夏は暑く9月中旬まで残暑が残ります。 夏日になることもあるので涼しい服装を選ぶようにしましょう。
太平洋側の冬は、雪を降らせる雲が奥羽山脈にさえぎられるため降雪量は少ないです。 寒さも緯度の割には厳しくなく、特に東北一の都市である仙台はヒートアイランド現象の影響のため、この傾向が強いです。
奥羽山脈側では、夏の暑さは厳しくないのですが冬は太平洋側と対照的に寒さが厳しくなります。 また、積雪量も太平洋側より多いです。

宮城県の春の到来は遅く、ゴールデンウィークあたりでもまだ肌寒く感じます。 東北地方南部の梅雨入りは例年6月初旬から中旬にかけてで、梅雨明けは7月中旬から下旬にかけてです。 梅雨明けの7月くらいから宮城県では暑くなってきます。 9月中旬を過ぎると秋が到来し、10月の終わりくらいまで過ごしやすい日々となります。

宮城の気温

宮城の気温
気温
[℃]
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均1.62.04.910.315.018.522.224.220.715.29.44.5
最高5.35.99.215.019.422.325.727.924.419.413.78.4
最低-1.7-1.50.96.111.115.519.521.417.611.25.20.9

年間の雨量・気温」では、各月の上旬中旬下旬ごとの平均気温を確認できます。また、 各月の上旬・中旬・下旬ごとの雨量(降水量)についても確認できます。

以上の気温のデータは、気象庁のデータを参照しています。データを参照することに関しては、気象庁に許可を得ています。

旅行の数日前に、もう一度「日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ」をご確認して頂くことをお勧めします。

旅行時の注意点

関東地方以南に住んでいる方が宮城県を訪れる際に、意外と注意しなければならない時期が、春と秋だと思います。 関東地方と比べても春になるのが遅く、また秋から冬への移り変わりの時期が早くなります。 冬に防寒対策を怠らないのは当然のことですが、これらの時期に旅行する場合にも、着たり持って行く服に気を付ける必要があります。

冬場にレンタカーを借りるなど、車を利用する場合も少し注意しなければなりません。 特に仙台近郊では例年降雪量が少ないのですが、たまに積もるほどの雪が降ることがあります。 地元の方でもスタッドレス・タイヤなど雪用タイヤに換えていない場合もあり、交通が混乱することがあります。 雪が積もったときは、慣れない土地での運転はなるべく避けた方が良いでしょう。

↑ このページのトップへ ↑

このページで服装ナビを確認できる地域(宮城)

このページでは、宮城県内の以下の地域の服装ナビを確認できます。

1. 日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

  • 仙台
  • 白石

松島は、仙台の服装のアドバイスを参考にしてください。)

2. 月ごとの旅行先での服装の目安

  • 仙台