国内各地の服装ナビ

旅行先・お住まい地域の気温に応じた服装をアドバイス

東京の服装ナビ

東京での気温に応じたおすすめの服装を紹介しています!

  1. 日ごと(一週間先まで)の服装ナビ
  2. 月ごとの服装の目安

日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

天気予報から、気温に応じた服装のアドバイス、おすすめの服・アイテムを紹介!

参照地域 : 東京小笠原諸島(父島)、伊豆諸島(大島・八丈島)

都道府県:

以下より、東京都内で服装をチェックしたい場所を選んでください。

【東京】の服装

---

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

天気予報: 晴画像1
気温(最高/最低): 14℃/--℃

【東京】の服装

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

天気予報: 曇後一時雨画像2
気温(最高/最低): 12℃/4℃

【東京】の服装

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

天気予報: 雨後曇画像3
気温(最高/最低): 15℃/4℃

【東京】の服装

ダウンジャケットに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

ジャケットや薄手のコートなど、軽めの冬服が必要です。

ダウンジャケットに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

天気予報: 晴時々曇画像4
気温(最高/最低): 10℃/2℃

【東京】の服装

ダウンジャケットに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

天気予報: 晴時々曇画像5
気温(最高/最低): 12℃/2℃

【東京】の服装

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

ジャケットや薄手のコートなど、軽めの冬服が必要です。

天気予報: 晴時々曇画像6
気温(最高/最低): 14℃/3℃

【東京】の服装

コートに手袋、マフラーなどを身に付けましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

ジャケットや薄手のコートなど、軽めの冬服が必要です。

天気予報: 曇一時雨画像7
気温(最高/最低): 12℃/6℃

28(水) おすすめの服・アイテム

29(木) おすすめの服・アイテム

1(金) おすすめの服・アイテム

2(土) おすすめの服・アイテム

3(日) おすすめの服・アイテム

4(月) おすすめの服・アイテム

5(火) おすすめの服・アイテム

【レディース】

画像リンクより Amazonで購入可能です。

今秋注目の「だぼそで」トレーナー。パンツスタイルで細見え効果、きれいめに決まる。

トレンド感抜群!ゆったりめのパーカー。ジップタイプは微妙な気温変化に対応できる。

上下をダークトーンで統一すると大人っぽい印象に。インナーや小物を明るめの色にするのがポイント。

いつもの単調なコーデから雰囲気を変えたいときは、重ね着風のものを選ぶのも良い。

季節の変わり目にアウトドアを楽しむならウィンドブレーカーは必須。撥水加工が施されているものが◎。

デニムジャケットはワンピース、スカート、パンツと合わせることができ、きちんと感をキープできる万能アイテム。

ドロップショルダーで程よくルーズ感のあるデニムジャケット。こちらもボトムスを選ばない。

ファッション性の高いマウンテンパーカーは機能性・実用性に優れ、様々なシーンで活躍!

プルオーバータイプのパーカー。インナーは考える必要がなくコーディネートが楽。

ジャケットは秋に必要なアイテム。パンツスタイルならカッコよく、甘めフレアスカートともなじみ軽いコーデに。

ゆったりとした着こなしにもかかわらず、すっきりと仕上がるニットカーディガン。ボトムスは引締めカラーの黒がおすすめ。

おしゃれなデザインのツイードジャケット。カジュアルからフォーマルな場面まで幅広く使えそう。

防寒性・防風性を備え、シンプルかつオシャレなデザインのパーカー。気候が変わりやすい季節の心強いアイテム。

白のトレーナーは、黒のスキニーパンツと合わせてすっきりとしたスタイルに。

きれいめコーデに仕上がるチェスターコート。足元をブラックにまとめることで全体のシルエットがきれいに。

ノーカラーコートは襟元がすっきり、厚手のタートルネックニットやマフラーを巻いて首元を暖かく着こなす。

カジュアルコーデへの合わせやすさが特徴のフードコート。フェミニンなスタイルとも良く合う。

ゆるふわ感がかわいいボア素材のコート。インナー、ボトムスも合わせやすくカジュアルに着こなせる。

ロング丈のボアコート。淡い色のアウターには、ぼやけた印象とならないようにダーク系のボトムスがおすすめ。

大人可愛い印象のショート丈ボアコート。細身のパンツでスッキリとしたキレイな見栄えに。

シンプルながらスタイリッシュなデザインのトレンチコート。通勤時にも休日のお出かけにも使える。

ボア素材のブルゾンは冬でも暖かく過ごせる。アウターだけではなく、気温が低くなるとインナーとしても使える。

防風性を備えたトレンチコート。すっきりとしたデザインながら、ヒップラインまでしっかりカバー。

暖かさとかわいさを合わせ持つボアジャケット。デニムと合わせてやさしい雰囲気に、チェックスカートで上品に仕上げても◎

防風・防寒と機能性に優れたマウンテンパーカー。きれいめコーデが可能なタウンユース用。

羽織るだけでカッコよく決まるトレンチコート。フード付きで立体的なデザインは小顔効果がある。

もこもこのアウターは、肌寒い季節にもしっかり対応してくれるアイテム。着回ししやすいデニムパンツと合わせると◎

軽くて保温性抜群のライトダウン。コンパクトにまとめて持ち運びできるのでアウトドアでも活躍。

黒のキルティングジャケットは普段のコーデに合わせやすい。デニムと相性抜群、白系のワンピースとも合う。

秋の間ずっと活躍してくれるニットカーディガン。オーバーサイズのものを着ると、おしゃれで華奢な印象に。

厚手のロングダウンなら長時間の外出に安心!ジーンズやニットスカートなど着る物を選ばずオシャレに。

裏起毛でしっかり暖かく、大きめのファー付きフードとシンプルなデザインですっきりとした感じに。

ショート丈のダウンならデニムを着ても、ロングスカートと合わせてもバランスが良い。厚手のタイツで寒さ対策も。

女性らしい雰囲気のピンクのダウン。カジュアル過ぎず綺麗めなコーデに仕上がる。

月ごとの服装の目安

ここでは、過去の気温のデータを元に月ごとの服装の目安をアドバイスしています。 東京都内の以下の地域を参照できます。

参照地域 : 東京

都道府県:

東京の服装の目安

服装の目安
1月
2月
 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。
3月 コートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。
4月 セーターやカーディガン、ジャケットなどで重ね着した方がいいです。
5月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
6月 半袖や長袖のシャツが必要です。
7月
8月
 半袖で十分です。
9月 半袖や長袖のシャツが必要です。
10月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
11月 ジャケットやセーターが必要です。
 コートが必要な日もあります。
12月 コートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。

東京の気候と旅行時の注意点

年間を通しての気候

東京のは、張り出した太平洋高気圧の影響を受け、高温で雨の多い季節となります。 特に近年、都心部ではヒートアイランド現象により、夜になっても気温が下がらず熱帯夜となることが多いですので、風通しのよい生地の服装を選ぶとよいでしょう。 また、雨も多いので折り畳み傘を持ち歩くと安心です。
一方、は晴れの日が多いのですが、かなり乾燥します。 旅行などでは、乾燥対策のケア用品は忘れずに持って行きましょう。 内陸方面の多摩地域にお出かけの際は、都心部より最低気温が下がるので気を付けましょう。
は、一般的に旅行するにはよい季節です。 ただし、梅雨時期や秋の台風シーズンは雨が多いです。 梅雨入りは例年6月上旬くらいで、7月の中旬から下旬にかけて梅雨明けします。 秋は秋雨、台風の時期である9月~10月にかけてが雨が多いです。

以上が、離島を除く東京都の年間を通しての気候になります。 東京湾を出て南に島が点在する伊豆諸島は、海に囲まれていることから年間の気温差が小さいのが特徴です。 また、さらに南海上の小笠原諸島は年間を通して温暖な気候です。

東京の気温

東京の気温
気温
[℃]
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均6.16.59.414.618.922.125.827.423.818.513.38.7
最高9.910.413.318.822.825.529.431.127.221.816.912.4
最低2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1

(以上の気温のデータは、気象庁のデータを参照しています。データを参照することに関しては、気象庁に許可を得ています。)

旅行の数日前に、もう一度「日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ」をご確認して頂くことをお勧めします。

旅行時の注意点

東京は公共の交通網が発達しているため、旅行するときにはレンタカーを借りず、鉄道やバスなどで移動する人がほとんどだと思います。 しかし、移動するときに必ずシートに座ることが出来る保証はありません。むしろ移動中はずっと立ちっぱなしということも少なくありません。 また、駅やバス停から目的地まで歩いたり、ショッピングなどで建物の中を歩いたりと、かなりの距離を徒歩で移動することになります。 ですので、観光するときは歩きやすい靴を選ぶべきでです。

特に都心部は、地下鉄の鉄道網が複雑に入り組んでおり、駅構内の案内だけを頼りにしていては目的地にどうやって行けばよいか分かりません。 あらかじめスマートフォンなどで乗り換え案内のサイトを探しておき、旅行時に利用することをお勧めします。

↑ このページのトップへ ↑

このページで服装ナビを確認できる地域(東京)

このページでは、東京都内の以下の地域の服装ナビを確認できます。

1. 日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

  • 東京
  • 小笠原諸島父島
  • 伊豆諸島(大島・八丈島)

2. 月ごとの旅行先での服装の目安

  • 東京