国内各地の服装ナビ

旅行先・お住まい地域の気温に応じた服装をアドバイス

三重(津、尾鷲)の服装ナビ

三重県内での気温に応じたおすすめの服装を紹介しています!

  1. 日ごと(一週間先まで)の服装ナビ
  2. 月ごとの服装の目安

日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

天気予報から、気温に応じた服装のアドバイス、おすすめの服・アイテムを紹介!

参照地域 : 尾鷲
鈴鹿松阪などは、津の服装のアドバイスを参考にしてください。)

都道府県:

以下より、三重県内で服装をチェックしたい場所を選んでください。

【津】

昼間の服装

半袖のシャツを着るとよいです。

夜間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

天気予報: 曇後一時雨画像1
気温(最高/最低): 26℃/--℃

【津】

昼間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

夜間の服装

昼間と同じ服装でよいです。

天気予報: 雨画像2
気温(最高/最低): 23℃/20℃

【津】

昼間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

夜間の服装

昼間と同じ服装でよいです。

天気予報: 曇時々雨画像3
気温(最高/最低): 23℃/20℃

【津】

昼間の服装

半袖のシャツを着るとよいです。

夜間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

天気予報: 曇一時雨画像4
気温(最高/最低): 26℃/20℃

【津】

昼間の服装

半袖のシャツを着るとよいです。

夜間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

天気予報: 曇時々晴画像5
気温(最高/最低): 27℃/20℃

【津】

昼間の服装

半袖のシャツを着るとよいです。

夜間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

天気予報: 曇時々晴画像6
気温(最高/最低): 27℃/19℃

【津】

昼間の服装

半袖のシャツを着るとよいです。

夜間の服装

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

天気予報: 曇時々晴画像7
気温(最高/最低): 26℃/19℃

10(土) おすすめの服・アイテム

11(日) おすすめの服・アイテム

12(月) おすすめの服・アイテム

13(火) おすすめの服・アイテム

14(水) おすすめの服・アイテム

15(木) おすすめの服・アイテム

16(金) おすすめの服・アイテム

【レディース】

画像リンクより Amazonで購入可能です。

大人かわいいゆったり目のブラウス。ボトムスの種類によって大人っぽい雰囲気からカジュアルな感じまで楽しめる。

イエローのリブニットには白パンツを合わせることで、パッと明るい雰囲気に。

半袖よりも上品な着こなしとなるフレンチスリーブのブラウス。大人の気品漂うスタイルに。

プルオーバータイプのシャツはスッキリとした印象を与え、きれいめのボトムスと合わせることでかっこよく決まる。

暖かい季節はどうしても体型カバーのコーデに頭を悩ませてしまうもの。チュニックは最強の着やせアイテム!

華やかな色合いながら落ち着いた雰囲気も漂うロングワンピース。ゆったりと力まず、少し気分を変えたいときなどにおすすめ。

ビーチやリゾートに着ていきたい大人フェミニンなロングワンピース。ウェストのシャーリングでシルエットが綺麗に見える。

通気性、吸水性に優れるコットンの帽子。UV対策とともに、広いつばは小顔効果もあり!

シンプルな白シャツは羽織るだけで上品に仕上がる。春にピッタリのコーデ。

グリーンのカーディガンとホワイト系インナーで、春らしく爽やかなコーデに。

春のシンプルコーデ。トップスはボートネック、ボトムスは淡色で爽やかな印象に。

薄手の服へと季節が変わると気になるのがボディーライン。着丈の長いチュニックで体型カバー。

綿麻素材のカーディガンは肌触りや通気性が良く、春から汗ばむ季節のUV対策にまで長く使えて重宝する。

七分袖のパフスリーブは華奢見え効果バツグン。黒デニムと合わせれば、きれいめでかっこいい着こなしに。

さらっと着れるデニムシャツ。大きめサイズでゆったり着こなすのがポイント。ボトムスは引締めカラーの黒がおすすめ。

一枚で簡単にコーデが決まるロングワンピース。ゆったりサイズで楽に着ることができて便利。

上品かつ可愛らしいバイカラーのロングワンピース。これ一枚でコーデが決まる。

落ち着いた大人の雰囲気のバイカラーワンピース。肌寒さを感じる時はシンプルな色のカーディガンと合わせよう。

アウトドアや旅行時にはUV対策をしっかりと。おでこが隠れるように深くかぶって小顔効果!

月ごとの服装の目安

ここでは、過去の気温のデータを元に月ごとの服装の目安をアドバイスしています。 三重県内の以下の地域を参照できます。

参照地域 :

都道府県:

三重の服装の目安

服装の目安
1月
2月
3月
 コートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。
4月 セーターやカーディガン、ジャケットなどで重ね着した方がいいです。
5月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
6月 半袖や長袖のシャツが必要です。
7月
8月
 半袖で十分です。
9月 半袖や長袖のシャツが必要です。
10月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
11月 ジャケットやセーターが必要です。
 コートが必要な日もあります。
12月 厚手のジャケットやコートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。

三重(津)の気温

三重の気温
気温
[℃]
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均5.35.68.514.018.622.426.327.524.018.312.77.8
最高9.29.712.918.422.626.030.031.227.722.216.911.9
最低1.92.04.79.914.919.323.424.421.014.89.04.2

旅行の数日前に、もう一度「日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ」をご確認して頂くことをお勧めします。

年間の雨量・気温」では、各月の上旬中旬下旬ごとの平均気温を確認できます。また、 各月の上旬・中旬・下旬ごとの雨量(降水量)についても確認できます。

以上の気温のデータは、気象庁のデータを参照しています。データを参照することに関しては、気象庁に許可を得ています。

↑ このページのトップへ ↑

三重県の魅力・みどころ

三重県は、紀伊半島の東側に位置し南北に180kmと細長い形をした県で、各地域にそれぞれ魅力的な観光名所があります。 県のほぼ中央の志摩半島には、日本の神様の中でも最高位である天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られている伊勢神宮があります。 天照大御神は太陽の神であり、皇室の祖神で日本国民の総氏神とされている存在です。 「伊勢神宮ってよく聞くけど、何でそんなに有名なの?」と思っていた方もいらっしゃると思いますが、たったこれだけの説明でもすごい場所だと分かって頂けると思います。
伊勢神宮は外宮と内宮に別れており、順番としては最初にお参りするのが衣食住の神様が祀られている外宮で、次いで天照大御神が祀られている内宮とされています。 また、「お伊勢参り」が流行した江戸~明治期の町並みを再現したおかげ横丁も観光客で賑わう場所です。

志摩半島にはその他、珍しいジュゴンや人気のセイウチショーで有名な鳥羽水族館、縁結びにご利益があると言われている夫婦岩(めおといわ)があります。 三重県南部には、ユネスコ世界遺産に登録された熊野古道の一つ、伊勢路があります。 美しい石畳で知られた馬越峠は伊勢路の中でも人気のルートです。 県の北部では、遊園地をはじめ、プールや温泉、アウトレットモールを備えた大型アミューズメントパークのナガシマスパーランド鈴鹿サーキットなどが有名です。

↑ このページのトップへ ↑

このページで服装ナビを確認できる地域(三重)

このページでは、三重県内の以下の地域の服装ナビを確認できます。

1. 日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

  • 尾鷲

鈴鹿松阪などは、津の服装のアドバイスを参考にしてください。)

2. 月ごとの旅行先での服装の目安