国内各地の服装ナビ

旅行先・お住まい地域の気温に応じた服装をアドバイス

宮城(仙台、白石)の服装ナビ

宮城県内での気温に応じたおすすめの服装を紹介しています!

  1. 日ごと(一週間先まで)の服装ナビ
  2. 月ごとの服装の目安

日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

天気予報から、気温に応じた服装のアドバイス、おすすめの服・アイテムを紹介!

参照地域 : 仙台白石
松島は、仙台の服装のアドバイスを参考にしてください。)

都道府県:

以下より、宮城県内で服装をチェックしたい場所を選んでください。

【仙台】の服装

---

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 曇後雨画像1
気温(最高/最低): 17℃/--℃

【仙台】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 晴一時雨画像2
気温(最高/最低): 23℃/14℃

【仙台】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

半袖のシャツを着るとよいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 晴画像3
気温(最高/最低): 26℃/12℃

【仙台】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像4
気温(最高/最低): 24℃/14℃

【仙台】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

天気予報: 曇時々晴画像5
気温(最高/最低): 24℃/14℃

【仙台】の服装

カーディガンを羽織るか薄手のセーターを着ましょう。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 晴時々曇画像6
気温(最高/最低): 22℃/15℃

【仙台】の服装

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

長袖のシャツや長袖のTシャツが心地よいです。

セーターやパーカー、薄手のジャケットが必要です。

天気予報: 曇時々晴画像7
気温(最高/最低): 21℃/13℃

24(水) おすすめの服・アイテム

25(木) おすすめの服・アイテム

26(金) おすすめの服・アイテム

27(土) おすすめの服・アイテム

28(日) おすすめの服・アイテム

29(月) おすすめの服・アイテム

30(火) おすすめの服・アイテム

【レディース】

画像リンクより Amazonで購入可能です。

室内外や一日を通しての気温差には、ニットベストのレイヤードでオシャレに対処。

サラッと羽織れるニットカーディガン。フード付きのスタイルがあなたをアクティブな印象に。

一日の気温差がある日には、バッグに入れて持ち運びできる薄手のパーカーがあると助かる。

淡い色のニットカーディガンは、合わせる色を選ばず着回しに重宝する。ボトムスは、スカートでもパンツでもOK!

セーターカーディガンは、シーンを選ばず羽織るだけで可愛く決まるアイテム。

上品な印象と小顔効果が期待できるハイネックニット。インナーとしても利用でき、これからの季節に重宝する。

ゆったりとした着心地でもワントーンでルーズになりすぎない。大人カジュアルな印象のスウェット。

女性らしさを演出でき、きれいめな印象に仕上げてくれるボートネックニット。肌寒い秋の日にピッタリ!

シンプルなデザインの長袖ニット。ボトムスを選ばず、ヘビロテ服としても使用できそう。

季節の変わり目に便利なカーディガン。ロング丈のものは脚長効果があり、また体型カバーの優秀なアイテム。

今秋注目の「だぼそで」トレーナー。パンツスタイルで細見え効果、きれいめに決まる。

トレンド感抜群!ゆったりめのパーカー。ジップタイプは微妙な気温変化に対応できる。

上下をダークトーンで統一すると大人っぽい印象に。インナーや小物を明るめの色にするのがポイント。

いつもの単調なコーデから雰囲気を変えたいときは、重ね着風のものを選ぶのも良い。

季節の変わり目にアウトドアを楽しむならウィンドブレーカーは必須。撥水加工が施されているものが◎。

デニムジャケットはワンピース、スカート、パンツと合わせることができ、きちんと感をキープできる万能アイテム。

ドロップショルダーで程よくルーズ感のあるデニムジャケット。こちらもボトムスを選ばない。

ファッション性の高いマウンテンパーカーは機能性・実用性に優れ、様々なシーンで活躍!

プルオーバータイプのパーカー。インナーは考える必要がなくコーディネートが楽。

ジャケットは秋に必要なアイテム。パンツスタイルならカッコよく、甘めフレアスカートともなじみ軽いコーデに。

ゆったりとした着こなしにもかかわらず、すっきりと仕上がるニットカーディガン。ボトムスは引締めカラーの黒がおすすめ。

おしゃれなデザインのツイードジャケット。カジュアルからフォーマルな場面まで幅広く使えそう。

防寒性・防風性を備え、シンプルかつオシャレなデザインのパーカー。気候が変わりやすい季節の心強いアイテム。

白のトレーナーは、黒のスキニーパンツと合わせてすっきりとしたスタイルに。

秋にピッタリの色合いのカーディガン。ホワイト系インナーで、爽やかなコーデに。

コットン素材の長袖Tシャツ。暖かい時はサラサラの着心地、肌寒い時は保温性があって暖かい。

かわいいボーダー柄の長袖Tシャツ。ボトムスは淡色で爽やかな印象のシンプルコーデに。

綿麻素材のカーディガンは肌触りや通気性が良く、汗ばむ季節から涼しい季節まで長く使えて重宝する。

シンプルな白シャツは羽織るだけで上品に仕上がる。秋にピッタリの落ち着いたコーデ。

七分袖のパフスリーブは華奢見え効果バツグン。黒デニムと合わせてキレイめでかっこいい着こなしに。

さらっと着れるデニムシャツ。大きめサイズでゆったり着こなすのがポイント。ボトムスは引締めカラーの黒がおすすめ。

一枚で簡単にコーデが決まるロングワンピース。ゆったりサイズで楽に着ることができて便利。

上品かつ可愛らしいバイカラーのロングワンピース。これ一枚でコーデが決まる。

落ち着いた大人の雰囲気のバイカラーワンピース。肌寒さを感じる時はシンプルな色のカーディガンと合わせよう。

まだまだ薄手の服を着る季節に気になるのがボディーライン。着丈の長いチュニックで体型カバー。

アウトドアや旅行時にはUV対策をしっかりと。おでこが隠れるように深くかぶって小顔効果!

大人かわいいゆったり目のブラウス。ボトムスの種類によって大人っぽい雰囲気からカジュアルな感じまで楽しめる。

イエローのリブニットには白パンツを合わせることで、パッと明るい雰囲気に。

半袖よりも上品な着こなしとなるフレンチスリーブのブラウス。大人の気品漂うスタイルに。

プルオーバータイプのシャツはスッキリとした印象を与え、きれいめのボトムスと合わせることでかっこよく決まる。

暖かい季節はどうしても体型カバーのコーデに頭を悩ませてしまうもの。チュニックは最強の着やせアイテム!

華やかな色合いながら落ち着いた雰囲気も漂うロングワンピース。ゆったりと力まず、少し気分を変えたいときなどにおすすめ。

ビーチやリゾートに着ていきたい大人フェミニンなロングワンピース。ウェストのシャーリングでシルエットが綺麗に見える。

通気性、吸水性に優れるコットンの帽子。UV対策とともに、広いつばは小顔効果もあり!

月ごとの服装の目安

ここでは、過去の気温のデータを元に月ごとの服装の目安をアドバイスしています。 宮城県内の以下の地域を参照できます。

参照地域 : 仙台

都道府県:

宮城の服装の目安

服装の目安
1月
2月
3月
 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。
4月 ジャケットやセーターが必要です。
 コートが必要な日もあります。
5月 セーターやカーディガンなどで重ね着した方がいいです。
 長袖のシャツで十分な日もあります。
6月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
7月
8月
 半袖や長袖のシャツが必要です。
9月 半袖や長袖のシャツが必要です。
 薄手のカーディガンが必要な日もあります。
10月 セーターやカーディガンなどで重ね着した方がいいです。
 長袖のシャツで十分な日もあります。
11月 厚手のジャケットやコートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。
12月 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。

宮城の気候と旅行時の注意点

年間を通しての気候

宮城県の気候は、大きく東の太平洋側と西の奥羽山脈側に分けることが出来ます。 仙台などの太平洋側の夏は、緯度の高さや海からの風の影響で関東に比べたら涼しくなります。 とはいえ北部の地域を除けば、夏は暑く9月中旬まで残暑が残ります。 夏日になることもあるので涼しい服装を選ぶようにしましょう。
太平洋側の冬は、雪を降らせる雲が奥羽山脈にさえぎられるため降雪量は少ないです。 寒さも緯度の割には厳しくなく、特に東北一の都市である仙台はヒートアイランド現象の影響のため、この傾向が強いです。
奥羽山脈側では、夏の暑さは厳しくないのですが冬は太平洋側と対照的に寒さが厳しくなります。 また、積雪量も太平洋側より多いです。

宮城県の春の到来は遅く、ゴールデンウィークあたりでもまだ肌寒く感じます。 東北地方南部の梅雨入りは例年6月初旬から中旬にかけてで、梅雨明けは7月中旬から下旬にかけてです。 梅雨明けの7月くらいから宮城県では暑くなってきます。 9月中旬を過ぎると秋が到来し、10月の終わりくらいまで過ごしやすい日々となります。

宮城の気温

宮城の気温
気温
[℃]
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均1.62.04.910.315.018.522.224.220.715.29.44.5
最高5.35.99.215.019.422.325.727.924.419.413.78.4
最低-1.7-1.50.96.111.115.519.521.417.611.25.20.9

年間の雨量・気温」では、各月の上旬中旬下旬ごとの平均気温を確認できます。また、 各月の上旬・中旬・下旬ごとの雨量(降水量)についても確認できます。

以上の気温のデータは、気象庁のデータを参照しています。データを参照することに関しては、気象庁に許可を得ています。

旅行の数日前に、もう一度「日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ」をご確認して頂くことをお勧めします。

旅行時の注意点

関東地方以南に住んでいる方が宮城県を訪れる際に、意外と注意しなければならない時期が、春と秋だと思います。 関東地方と比べても春になるのが遅く、また秋から冬への移り変わりの時期が早くなります。 冬に防寒対策を怠らないのは当然のことですが、これらの時期に旅行する場合にも、着たり持って行く服に気を付ける必要があります。

冬場にレンタカーを借りるなど、車を利用する場合も少し注意しなければなりません。 特に仙台近郊では例年降雪量が少ないのですが、たまに積もるほどの雪が降ることがあります。 地元の方でもスタッドレス・タイヤなど雪用タイヤに換えていない場合もあり、交通が混乱することがあります。 雪が積もったときは、慣れない土地での運転はなるべく避けた方が良いでしょう。

↑ このページのトップへ ↑

このページで服装ナビを確認できる地域(宮城)

このページでは、宮城県内の以下の地域の服装ナビを確認できます。

1. 日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

  • 仙台
  • 白石

松島は、仙台の服装のアドバイスを参考にしてください。)

2. 月ごとの旅行先での服装の目安

  • 仙台