国内各地の服装ナビ

このサイトでは、旅行のときの服装のアドバイスを確認することができます。

神奈川(横浜、小田原)の服装ナビ

このページでは、神奈川県内での服装のアドバイスを確認することができます。

  1. 日ごと一週間先まで)の服装ナビ → こちら
  2. 月ごとの旅行先での服装の目安 → こちら

マイルポイントを貯めてタダで旅行に行こう!」のページは こちら

日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

天気予報から、今日・明日~一週間先まで日ごとの服装ナビ
神奈川県内の以下の地域を参照することができます。

参照地域 : 横浜小田原
箱根湯本湯河原は、小田原の服装のアドバイスを参考にしてください。)

都道府県を変更する場合、旅行先 を選択し、「表示」ボタンを押してください。

旅行先:

以下より、神奈川県内で服装をチェックしたい場所を選んでください。

【 25日(月) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツで十分な暑さです。

夜間の服装

夜は半袖シャツが必要です。
しかし、暑く感じる時はTシャツのままでよいでしょう。

天気予報: 曇時々晴     気温(最高/最低): 27℃/20℃

【 26日(火) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツで十分な暑さです。

夜間の服装

長袖シャツが心地よいです。

天気予報: 晴時々曇     気温(最高/最低): 26℃/19℃

【 27日(水) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツで十分な暑さです。

夜間の服装

長袖シャツが心地よいです。

天気予報: 曇時々晴     気温(最高/最低): 26℃/19℃

【 28日(木) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツで十分な暑さです。

夜間の服装

夜は半袖シャツが必要です。
しかし、暑く感じる時はTシャツのままでよいでしょう。

天気予報: 曇時々雨     気温(最高/最低): 26℃/21℃

【 29日(金) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツの上に半袖シャツを着るとよいです。
暑く感じる時は、半袖シャツを脱ぎましょう。

夜間の服装

長袖シャツが心地よいです。

天気予報: 晴時々曇     気温(最高/最低): 24℃/19℃

【 30日(土) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツで十分な暑さです。

夜間の服装

長袖シャツが心地よいです。

天気予報: 晴時々曇     気温(最高/最低): 25℃/18℃

【 1日(日) 東部(横浜) 】

昼間の服装

Tシャツで十分な暑さです。

夜間の服装

長袖シャツの上に、薄手のカーディガンか薄手のセーターを羽織るとよいです。

天気予報: 晴時々曇     気温(最高/最低): 25℃/17℃

日ごとの服装ナビは、週間天気予報をもとに服装のアドバイスを行っています。暑さや寒さの感じ方は人それぞれですし、あくまで予報をもとにしていますので、目安と考えてください。

↑ このページのトップへ ↑

月ごとの旅行先での服装の目安

過去の気温のデータから服装の目安を求めています。ここでは、月ごとの服装の目安を確認することができます。 神奈川県内の以下に示す地域を参照できます。

参照地域 : 横浜

※ ここでは気象庁が公開している過去の気温データから、服装の目安を求めています。

都道府県を変更する場合、「旅行先」を変更し「表示」ボタンを押してください。

旅行先:

神奈川の服装の目安

服装の目安
1月
2月
 ダウンジャケットやコートが必要です。
 またマフラー、手袋も必要です。
3月 コートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。
4月 セーターやカーディガン、ジャケットなどで重ね着した方がいいです。
5月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
6月 半袖や長袖のシャツが必要です。
7月
8月
 半袖で十分です。
9月 半袖や長袖のシャツが必要です。
10月 長袖のシャツや薄手のカーディガン、ベストが必要です。
11月 ジャケットやセーターが必要です。
 コートが必要な日もあります。
12月 コートが必要です。
 マフラー、手袋が必要な日もあります。

神奈川の気候と旅行時の注意点

年間を通しての気候

神奈川県の気候は地理的な影響を受け、一般的に冬はそれほど寒くならず、夏は温暖で湿度が高いのが特徴です。

の時期は、東部県境に丹沢山や箱根山といった山々があることから冷たい風が遮られ、太平洋に面していることから暖かい空気が入り込みます。 また、山々の地域や内陸の一部の地域を除いて、晴れの日が多く雪もほどんど降りません。 とはいえ、11月の終わり頃から寒さが本格化してくるため、コートマフラー手袋などの準備が必要になります。 箱根方面など標高が高くなれば、それだけ気温も下がりますし積雪もあるのでお出かけの際は気を付けてください。

の時期は、太平洋から湿った空気が入るため、特に海に面した地域では湿度が高くなります。 気温は場所によって異なり、箱根山や芦ノ湖といった場所は平地に比べて涼しくなる一方、横浜などの人口密集地ではヒートアイランド現象の影響で夜になっても気温が下がらないことがあります。 夏場は台風が頻繁に発生しますが、台風の進路によっては暖かい太平洋の海水によって勢力を落とさずに神奈川県に上陸することもあります。 夏はTシャツ半袖シャツといった服装が一般的ですが、標高の高い場所で宿泊する場合は何か羽織るものを持って行った方が良いでしょう。

神奈川県には横浜、鎌倉、箱根といった人気の観光地がありますが、いずれの場所もがベストシーズンです。 しかし同時に、この時期は気温の変化が大きい時期でもあるので、簡単に羽織ったり脱いだりできる服装を選ぶようにした方が良いでしょう。

神奈川(横浜)の気温

神奈川の気温
気温
[℃]
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均5.96.29.114.218.321.325.026.723.318.013.08.5
最高9.910.313.218.522.424.928.730.626.721.516.712.4
最低2.32.65.310.415.018.622.424.020.615.09.64.9

年間の雨量・気温」では、各月の上旬中旬下旬ごとの平均気温を確認できます。また、 各月の上旬・中旬・下旬ごとの雨量(降水量)についても確認できます。

以上の気温のデータは、気象庁のデータを参照しています。データを参照することに関しては、気象庁に許可を得ています。

旅行の数日前に、もう一度「日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ」をご確認して頂くことをお勧めします。

旅行時の注意点

夏の神奈川県は山間部の地域を除き、湿度が高く蒸し暑いため熱中症にならないように注意が必要です。 日によっては35℃以上の猛暑日になることもあります。 熱中症対策としては、スポーツドリンクなど水分をこまめに飲む、適度に塩分を摂取するといったことが挙げられます。 また、梅雨時期から夏の終わりにかけて降水量が多いため、旅行の際はの準備をしておきましょう。

冬は山間部を中心に雪が降り、積雪もあります。 箱根など観光で訪れるとき、特に雪に慣れていない方は歩行中に転倒しないように注意しましょう。 車で訪れる場合、チェーンやスタッドレス・タイヤなど雪対策は必須です。 また、平野部に比べて気温がぐっと下がるため、ダウンジャケットや厚手のコート、それに暖かい帽子、マフラー、手袋などの防寒対策は十分に行ってください。

↑ このページのトップへ ↑

このページで服装ナビを確認できる地域(神奈川)

このページでは、神奈川県内の以下の地域の服装ナビを確認できます。

1. 日ごと(今日・明日 ~ 一週間先まで)の服装ナビ

  • 横浜
  • 小田原

箱根湯本湯河原は、小田原の服装のアドバイスを参考にしてください。)

2. 月ごとの旅行先での服装の目安

  • 横浜

↑ このページのトップへ ↑